今年度注目の文教事業をみる 働き方改革で教職員定数増

新年度が始まった。今年度の文教関係予算は、新学習指導要領の先行実施や学校における働き方改革、高大接続改革の推進、学びのセーフティネットの構築など、4兆447億円を計上し、前年度より19億円増となった。文科省では生涯学習政策局を総合教育政策局に組織改編し、教育改革を総合的に推進するための機能強化を図る。同省の2018年度の注目事業は――。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。