グローバル・ティーチャー賞 トップ10の授業実践

さる3月17、18日にドバイで開かれた教育の祭典「Global Education & Skills Forum」(GESF)。教育界のノーベル賞といわれる「グローバル・ティーチャー賞」では、トップ10の教員らによる模擬授業が行われた。同賞トップ50に選ばれ、同フォーラムに参加した滋賀県立米原高校の堀尾美央教諭が、授業を参観したレポートを寄せた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。