子供を守る性教育 タブーの意義を問う(2)

東京都足立区の公立中学校が行った性教育を取り巻く問題をきっかけに、性教育の在り方を考えるシリーズ。「望まない妊娠や性感染症を防ぐこと」を第一とする性教育ではなく、「命の大切さを知り、自分を守ること」を目指す学びにするため、子供の性をめぐる問題を専門的に研究する識者が、それぞれの立場で「タブーの意義」を問う。全4回の連載。第2回は、公立小・中学校で40年間養護教諭を務めた白澤章子「まちの保健室」代表。




性教育でいのちを学ぼう~「まちの保健室」を始めた元養護教諭のメッセージ~
「まちの保健室」代表・白澤 章子(元養護教諭)

■性をトイレ文化にしないで

ある中学校に転勤して間もない頃、3年生の女子トイレ個室に落書きがあると聞きました。「セックスしたい人、ここへ書いてね」とあり、返事として「正」の字が6人分書かれていました。そのほか、男性器の絵が描かれ「これは何でしょー」、そして「死にたい人、ここに書いてね」。

生徒指導担当の教員は「落書きがあったらすぐ消すこと」「落書きを書いてはいけない」と全校生徒に指導しましたが、同様の落書きが音楽室や昇降口にもあると知りました。「生徒たちはどんな気持ちなんだろう」と思い、トイレの壁にこんな張り紙をしました。

「トイレに落書きをした人、したい人へ 性のことは明るいところで、顔を見て話そうよ~たまらない、その感情を思い切って話してみよう~ 保健室 白澤」

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。