「希望のスクールロイヤー」 教育的解決を目指す

事例ごとに法律を駆使

学校で噴出する問題の解決を法律を駆使して助言するスクールロイヤー(学校内弁護士)の存在が注目されている。NHKで今春放送されたドラマ「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」の人気がきっかけだ。いじめから体罰、部活動の事故、不登校、モンスターペアレント、教師の長時間労働までを神木隆之介演じるスクールロイヤーが、子供の利益を優先しながら解決にまい進する姿は爽快感すら視聴者に与えた。文部科学省も制度化の可否を課題に挙げるスクールロイヤーの可能性について、弁護士で現職高校教諭の神内聡(じんない・あきら)さん(40)に聞いた。




■教育的解決こそ

「スクールロイヤーがここまで期待されるとは正直、予想していませんでした。学校の問題が次から次に起きているのに、これらの問題に対応できる弁護士が少なかったことが背景にあります。学校に顧問弁護士がいたり、教育委員会の委員に弁護士が名を連ねるケースはありましたが、彼らは問題解決の役割を担ってこなかったし、有効な法律サービスを提供できていませんでした」と最初に指摘した。

神内さんは都内の私立淑徳高校で2年生のクラス担任を受け持ち、世界史と現代社会を教えている。日本の小・中・高校で弁護士と教員の二足のわらじを履く唯一の存在だからこそ、分かったことや肌で知ったことが多い。「学校で起きる紛争の特徴は利害関係が複雑なところです。子供の利益に関わるのでとても扱いにくい。問題解決に時間がかかれば子供は学校を卒業してしまう。裁判で争うと時間ばかりかかってしまい、結局は子供の利益にならなくなる。だから裁判で争うのではなく、和解を含めた教育的解決を目指すのです。それを理解していない弁護士が圧倒的多数です」

スクールロイヤーはリスクマネジメントの能力が問われる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。