小学校教員の英語力を研修で 東京都杉並区の取り組み

小学校での外国語教科化を前に重要課題となっているのが、教員の英語力と英語指導力の向上。2017年度の東京都教職員研修センター紀要によると、「担任が外国語の授業を進めるにあたっての課題」として、「英語を用いた児童への指示、説明」(78.6%)、「英語の発音」(56.1%)を多くの教員が挙げており、小学校教員の英語力に対する不安が見てとれる。そこでいま、教委と大学など外部機関が連携する教員研修が注目されている。




■増加する外部機関との連携

全面実施の20年度に向け、小学校教員の英語力や英語指導力向上を図る国内研修の実施率は、年々上昇している。文科省の調べでは、17年度の都道府県・指定都市教委が主催する研修の実施率は97.0%で、前年度より1.5ポイント上昇。市区町村教委の主催では33.5%だが、前年度よりも8.5ポイント上昇している。

研修については各自治体でさまざまな取り組みが行われているが、教委と大学などの外部機関が連携して教員研修を行っていくケースも増えてきている。

例えば、福井県の英語教育強化地域拠点・勝山市では、授業改善に向けた研究で福井大学、仁愛大学、敦賀市立看護大学といった地元大学の英語教育を専門とした教授らから、継続的に指導を受けている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。