子供を守る性教育 タブーの意義を問う(4)

東京都足立区の公立中学校が行った性教育を取り巻く問題をきっかけに、性教育の在り方を考えるシリーズ。「望まない妊娠や性感染症を防ぐこと」を第一とする性教育ではなく、「命の大切さを知り、自分を守ること」を目指す学びにするため、子供の性をめぐる問題を専門的に研究する識者が、それぞれの立場で問題に迫る。全4回の連載。最終回は、東京学芸大学に所属するスウェーデン在住の研究者・中澤智惠研究員。

これからの性教育を考える~スウェーデンを手がかりとして~

中澤智惠・東京学芸大学研究員
■スウェーデンでの学び 性教育をモラル・道徳化しない
日本はいつまで、子供たちに性交を教えないままでおくつもりなのでしょう。子供や青少年に、学校や家庭でどういう性教育をしていけばよいのか、どう考えたらよいのか、日本ではいまだに共通認識や指針をもてないでいるようです。国際的水準では、国際セクシュアリティ教育ガイダンスが示されていますが、今回は、具体的に考える一助としてスウェーデンの状況についてご紹介したいと思います。

スウェーデンでは、学校での性教育は1955年から必修です。ただ、性教育という教科はなく、全教科にわたって「ジェンダー、セクシュアリティ、関係性」を取り扱うこととされています。スウェーデン学校庁の性教育ガイドを見てみると、学校での性教育には三つの柱があります。一つは、教科統合的・横断的な取り扱いで、各教科の授業において、ジェンダー、セクシュアリティ、平等、関係性にかかわる内容や視点を組み込むことです。もう一つは、性教育として特別授業やテーマ学習の機会を設けることで、最後に、日常の学校生活場面で、生徒の言動や質問などから学びを展開していくことです。

学校での性教育に際して重視されるのは、観点・視点です。…

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。