【シリーズ 先を生きる】 アクティブな学びを生み出す組織の条件(3)

学校を変えるためのリーダーシップ開発

学校を変えなければ――。そう思っていても、二の足を踏んだり、あきらめたりする教員も多い。学校を変えるために、具体的に何から行動すればいいのか。中原淳立教大学教授は「一人になってはいけない」とアドバイスする。最終回となる第3回では、中原教授による立教大学での新たな挑戦も聞いた。
■外部人材のマネージングコスト

――学校にタイムカードを導入したり、部活動指導員を入れたりしても、結局そこでできた時間も教員は働いてしまう。

「残業を減らしたら教育の質が下がる」「残業を減らすと子供に申し訳ない」という罪悪感が存在するからです。こうしたジレンマが存在するのを見落としてはなりません。そして長時間労働を減らすのならば、「時間を意識していただく施策」は絶対に必要です。

ただ、それは短期的な課題を解決するための「外科手術」です。同時に漢方薬を飲むように「体質改善」も行わなければなりません。その中でジレンマを少しずつ解除していく他はないのです。
――部活動指導員やスクールサポートスタッフなど、人材を学校外から投入する案が出ています。

その場合は、教員が負担するマネージングコストも算段に入れる必要があるのと、コストは誰が払うのかという問題があります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。