髙橋初中局長に聞く(下)今年度の重要施策

今年度の文科省重要政策を、髙橋道和初中局長にインタビューした。第2回では、相次ぐいじめをめぐる問題への対策、今年10月に予定されている文科省の組織再編の狙いについて詳しく聞いた。生涯学習政策局を総合教育政策局に組織再編するのに伴い、初中局や高等教育局も一部の部署が移管する。学校現場や教員養成にも大きな影響を与えそうだ。

いじめ対策と組織再編

■いじめ防止対策の今後の方向性

――いじめ防止対策推進法が今年9月で、ちょうど施行から5年を迎える。いじめ防止対策の今後の方向性は。

いじめ問題については、いじめ防止対策推進法に基づいて、「特別の教科 道徳」の充実や、24時間子供SOSダイヤルの設置、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの配置の充実のための財政支援など、これまでもさまざまな取り組みを行ってきた。

また、2016年度からは文科省の職員が地方自治体に赴いて、教委の担当者や校長に対して直接、行政説明や研修を行う取り組みも始めている。いじめ防止対策推進法の趣旨のさらなる徹底、普及に努めているところだ。

昨年3月には、基本方針の改定を行った。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。