映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 作品に込めたメッセージとは

伝えたい言葉があるのに、言葉につまってうまく発話できずに逃げてばかりいた高校生が、友達との出会いによって自分自身と向き合い、自立への小さな一歩を踏み出す――。映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が、7月14日から全国の映画館で公開される。原作の同名漫画は、作者である押見修造氏自身の吃音(きつおん)の経験が下敷きとなっている。ただし、漫画にも映画にも「吃音」という言葉は登場しない。その理由や作品に込めた思いを、押見氏に聞いた。さまざまな悩みや苦しみを抱えながらも、自分自身と向き合っている子供たちに、教員はどんな手助けができるのだろうか。




■吃音を知ってもらう漫画にはしたくない

――この作品には、押見さんの吃音の経験がどのくらい反映されているのでしょうか。

冒頭のクラスでの自己紹介のシーンと、授業で先生に指されて、答えの言葉が出ずにクラス中で笑われてしまうところは実際に私が経験したことです。今でも覚えているのですが、確か数学の時間にどもってしまい、周りから見ると動きもおもしろかったようで、笑われてしまって。

今思えばなんてことはなかったのかもしれないけれど、そのときは、残念というか、悔しいというか、なんとも言えない気持ちになりました。私は独り言や歌であれば、普通に言葉が出てくるんです。その辺は、主人公の志乃ちゃんの設定にも生かされています。

ただ、中学の頃の友達は、私が吃音であることを「そういうものだ」というふうに接していました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。