【シリーズ 先を生きる】教師が抱える“違和感”の正体(中)

子供たちにとって真に必要な教育とは何か、自分はこれからどんな教員を目指すべきか。理想の教育を追求する中で行き当たる「このままでいいのか」という違和感。聖心女子大学文学部教育学科の永田佳之教授と、東京都立武蔵高等学校・附属中学校英語科の山本崇雄教諭、同校生物科の山藤旅聞(さんとう・りょぶん)教諭は、いずれもそんな違和感から新しい学びにたどり着いた教員。今も自己変革を続ける3人が、互いに刺激し合いながら、変容する現代におけるこれからの教育について語り合った。コーディネーターはTeacher’s Lab.代表理事の宮田純也氏。全3回。

■求められる学び

宮田 新しい時代の中で、教員の役割も大きく変わっていくのですね。

山本 教員がリアルな社会と子供を結びつけることは重要です。リアルな活動を通して抱いた疑問を、それぞれが学問的に深めていくようになります。英語であれば自然に文法書を開くような。リアルな社会に預ければ、「分からない状態」という混沌の中から自分たちで問いを見つけ、答えを見出していく。小さな子を砂場に入れれば、自分で遊びを作り出すように。

山藤 子供たちが問いを見つけて探究を始める、一番のエネルギー源は原体験。心が動く本物の体験だと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。