埼玉県学力調査の試み(上) 「IRT」で学力の伸びを測る

OECDも注目する埼玉県学力・学習状況調査(埼玉県学力調査)の仕組みと、その分析結果から見えてきた教育効果とは――。全国学力調査に合わせ、各都道府県では独自に学力調査を行っていることが多い。中でも埼玉県が行っている学力調査は、個々の児童生徒の「学力の伸び」を測れる画期的な調査だ。当時、同県に出向し、その学力調査の開発に携わった大江耕太郎文化庁文化部芸術文化課文化活動振興室長と、大根田頼尚文科省高等教育局国立大学法人支援課課長補佐に聞いた。


■IRTによる縦断調査
――埼玉県学力調査は、全国学力調査や他県の学力調査と何が違うのか。

大江 大きな違いは二つある。一つは、一人一人の子供を追跡していく、パネルデータによる縦断調査という点だ。埼玉県では個々の児童生徒にコードを割り当てて追跡できるようにし、小4から中3までの約30万人の児童生徒のデータを収集、分析している。

もう一つは、問題の難易度設定や児童生徒の能力測定に、IRT(項目反応理論)という統計理論を使っている点だ。IRTによって、テストごとに出る問題が違っても能力を測ることができる。パネルデータとIRTを合わせている調査はおそらく全国的になく、これほど大規模にやっているのは世界的にもないと思われる。

――IRTとは、具体的にどういうものか。

大江 身近なものでは、TOEFLなどの資格検定試験で多く利用されている。……