教育実践者有志が集う「教育長・校長プラットフォーム」(下)

産学官の有志が結集し、より良い教育の実現に向けてチャレンジする「教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム」。事務局の中心である文科省の佐藤悠樹氏、弓岡美菜氏、堀川拓郎氏へのインタビュー後半は、同プラットフォームの可能性や、それぞれの教育への考えを語ってもらった。

 
■実践の具体的な中身まで踏み込んで議論できる
――「教育長・校長プラットフォーム」だからできることは。
佐藤 その地域ごとの「地に足のついたチャレンジ」というのは、具体的な中身や背景にまで踏み込んで議論をしないと意味がない。そこまで踏み込んでやれる場というのは、珍しいと思います。総会でも、皆さんが自分たちの地域に引き寄せてお話ししてくださって、「うちでは……」という声が多発していました。

堀川 校長先生や教育長の方々が集まる場として、オフィシャルに集められた行政がやっている研修などはあります。一方で、このプラットフォームは、参加者全員がプライベートで、自由な意思で参加されています。だからこそ本音の話や、フランクに語り合う雰囲気ができることもあるのではないかと思っています。

佐藤 対外的には言いづらいけれど本質的な課題が誰しもあります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。