「生きる道」を届ける 不登校新聞の石井編集長に聞く(下)

「学籍主義」が子供の余裕を奪っていると、不登校新聞の石井志昴編集長は指摘する。石井編集長が取材から得た現状への違和感や、同紙の展望などを聞いた。
■学校以外の学べる場を

――この20年でインターネットやコミュニケーションツールが普及したが、子供が孤独を感じている状況は変わっていません。

石井 学籍主義が子供にとって、尋常じゃなくきつい。フリースクールに通っていても、学籍は地元の小学校や中学校のままです。学籍を抜くことはできない。

長い人生の中で、義務教育の9年間を縛る必要があるのでしょうか。例えば、12年間ぐらいの期間を設定して、その間に少しずつ教育を受けるということは想定されていない。9年間びっしり決まっているから、週に1日休んだくらいで騒がれる。もう今の時代に合っていないし、子供の余裕を奪っています。同じ年齢で構成される「学年」もそうですし、朝8時半に登校するのもそうです。

学校だけが学ぶ場ではないと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。