追い詰められる教頭ら(下)教頭はなぜ失踪したのか


 京都市立小学校の教頭(56)が、今年5月11日から職務を放棄し失踪。同教頭は6月5日までの3週間余り神社の建物内で寝泊まりし、建造物侵入容疑で逮捕、有罪判決を受けて依願退職した。4月に着任して以降、事務処理を巡り校長から数度にわたって注意を受け、家庭内の問題も抱えて精神的に追い詰められたという。

 教頭・副校長の失踪は、実はそれほど珍しい例ではない。勤務態度に問題のなかった管理職が何によって負担を強いられ、どう追い詰められるのか。いくつかの実例を取材した。


■着任4カ月で失踪した副校長

 ある公立高校のA副校長は任用審査合格後、1年待って念願の昇任を果たした。進学実績も期待される中高一貫校への着任は、先輩教員らから褒めそやされたという。年収は1千万円を超えることとなり、一般企業に就職した大学の同期からは「結局、勝ち組はAだったか」などとうらやましがられた。副校長の仕事はよく知っている。分からないことは、同じ勤務校にいる中等部の副校長に聞くことができる。不安はなかった。ここで認められて、早く校長になりたいと希望を抱いていた。

 しかし着任して3週間もたたないうちに、自分の認識が誤りだったと気付いた。まず、教員同士の仲が悪いのだ。中等部と高等部で見えない溝がある。進学校は教員間の対立があるとは聞いていたが、思った以上だった。問題は自分にも火の粉がかかること。ある教員に頼みごとをすれば、「それは中等部にも頼んだのか。高等部だけがやる理屈はあるのか」とくってかかられ、たまたま話の合う教員と盛り上がっていたら全く別の場面で、「副校長はあの先生と仲がいいから」と皮肉を言われた。「前の職場はあんなに仲がよかったのに…」と、過去を懐かしむ時間が増えた。

 そして、教員への指導は想像以上に骨が折れた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。