子供を伸ばす教師のリーダーシップ(上) 優れたリーダーとは


中竹氏「フォロワーシップも必要」 松永教諭「疑問の出し方を学ばせる」


 早稲田大学ラグビー蹴球部監督を務め2年連続で全国大学選手権を制覇、現在ではコーチのコーチであるコーチングディレクターとして指導者の育成を行う中竹竜二氏。そしてアクティブ・ラーニングの実践家として全国から注目を集めるとともに、学校の職場改革を進める桐蔭学園高校の松永和也教諭。スポーツと教育の現場で、それぞれにリーダーシップを追求する2人が、「子供を伸ばす教師のリーダーシップ」をテーマに語り合った。


■リーダー像の誤解

中竹 ずっと疑問に思うと同時に、これはよくないと考えているのは、リーダー像についての誤解です。組織のトップをリーダーと呼びます。英語で書くとリードする人。つまり「率いる人」です。しかし組織のパフォーマンスや成果を上げたり、育成したりするには、「ずっと引っ張って」いてよいはずはありません。

 成果を上げるリーダーたちはずっとリードするだけではなく、任せたり放置したり、信頼したり舞台をつくったりする。いろいろな立場でリードをしても、オブザーバーになったり、完全なサポーターになったりするのです。しかし教師にしろ、コーチにしろ、引っ張らなくていいことまで引っ張って苦しんでいます。

 私は「リーダーはリーダーシップだけじゃなく、人を支え、人に任せ、自分たちを頑張らせるという、フォロワーシップも必要だ」とずっと言っています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。