残業代求め提訴した教諭に聞く 現場に懸ける思い(下)


 時間外労働に残業代が支払われないのは違法だとして、埼玉県を提訴したA教諭は「超勤4項目以外に、教員に時間外労働を求めてはならない。給特法は、今では誤って運用されている」と指摘する。働き方改革の問題点と、裁判を通じて明らかにしていきたいことを聞いた。

■学校現場にとっての「本当の働き方改革」

――働き方改革をどう見ていますか。

 中教審で議論を進めているのは大学などの研究者や企業人、市長や教育長、校長らで、現場で働く現役の教員は1人もいません。現場の仕事を詳しく知らない人に、現場の改革ができるのでしょうか。教員の仕事がなぜ増えたかという背景を知らない人に、本当の意味での仕事を減らせるとは考えにくいです。
――業務内容の精選や外部委託を中心に議論されていますが。

 「残業代を出さない」という部分をまず見直さなければ、本当の働き方改革にならないと思います。

 かつて教員は子供たちのためになると思うことを、自主的、自発的に行ってきました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。