未来の部活動を考える(上) 「なぜ部活動は『悪者』になったのか」

現場教員から見た「部活動改革」の理想とは、どのような形か――。教員の多忙感解消が急務とされる中、国は運動部に関するガイドラインを示し、各自治体も外部指導者の導入を進めている。しかし、現場からはすでにいくつもの課題が指摘されている。

この公開鼎談では、全日本中学校長会(全日中)会長として中学校教育の最前線に立ち、現場の声を発信する山本聖志校長(東京都豊島区立千登世橋中学校)と、教育社会学の研究者として運動部・文化部に関する膨大なデータを踏まえ、課題や具体的方策を示す西島央准教授(首都大学東京)、15年以上にわたる中・高・特別支援学校での指導や、東京都教委で指導主事を務めた経験をもとに、次世代教員の養成に当たる阿部隆行専任講師(東京国際大学)が、現場から見た施策の課題と、これからの部活動の在り方について語り合った。全3回。


■「部活動改革」が「働き方改革」をもたらすか
――参加者から「部活動が教員の多忙化の一因と言われる一方、授業以上に部活動に情熱を注ぐ教員が見受けられる。本当に部活動は教員の多忙化の要因なのか」という質問が寄せられています。いかがでしょう。

山本 さまざまな調査の結果から、部活動が教員の多忙化の一因であることは間違いないと言えます。特に中学校教員にとっての部活動ではさまざまな問題提起がされ、「ブラック部活動」という言葉も一部で見受けられるようになりました。

「授業以上に部活動に情熱を注ぐ教員」という表現には問題があります。教員にはまず授業で勝負していただきたいのですが、部活動大好きという教員がいるのも事実。部活動は主要因ではなくとも、多忙化の一要因ではあります。

――山本先生は難しいお立場にいらっしゃいますね。

山本 ええ、私は現在、矛盾した立場にいます。……