未来の部活動を考える(下) 部活動の在り方


全日本中学校長会(全日中)会長の山本聖志校長(東京都豊島区立千登世橋中学校)と、教育社会学の研究者である西島央准教授(首都大学東京)、次世代教員の養成に当たる阿部隆行専任講師(東京国際大学)が、未来の部活動をテーマに行った鼎談(ていだん)の最終回。部活動はどうあるべきか、各校で明日にでも取り組めることは何か――。


■日本の部活動が目指すべき方向

――中長期的に、国の施策はどうあるべきだと思いますか。

西島 今、部活動が担っている役割はものすごく大きく増えていて、「これをやめる」という考えがない。これからは、今まで部活動に期待していたものの中から、「学校の教育活動全体を見渡して、これはやめよう」というものをいくつか作っていかないと、もう立ち行かなくなっている。学校としてやめるのが無理だとしても、部活動で担ってもらうのはやめていく必要がある。

部活動ガイドラインとしては現在、資料のように考えています。

ただ一方で、スポーツや芸術活動をどう保証するかという課題はあります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。