詳報 学校の働き方改革答申骨子案


浮かび上がる全体像

11月13日の中教審「学校における働き方改革特別部会」第19回会合では、「学校の働き方改革」に関する答申骨子案が示された。これまでの議論や昨年公表された中間まとめなどを踏まえ、働き方改革の全体像が浮かび上がった。特別部会では次回会合で答申案をとりまとめる考えだが、給特法や変形労働時間制の導入など、骨子案の段階では具体的な方向性がどこまで示されるか不透明な項目もみられる。




■勤務時間管理の徹底

示されたのは、「新しい時代の教育に向けた持続可能な学校指導・運営体制の構築のための学校における働き方改革に関する総合的な方策について」の答申骨子案。

①学校における働き方改革の目的②学校における働き方改革の実現に向けた方向性③勤務時間管理の徹底と勤務時間・健康管理を意識した働き方の促進④学校及び教師が担う業務の明確化・適正化⑤学校の組織運営体制の在り方⑥教師の勤務の在り方を踏まえた勤務時間制度⑦学校における働き方改革の実現に向けた環境整備⑧学校における働き方改革の確実な実施とフォローアップ等――の8項目で構成されている。

冒頭の目的では、日本の学校教育の成果と課題、国の働き方改革推進法、教員勤務実態調査の分析結果などに触れた後、文科省、教育委員会、各学校の管理職の役割と責任として、特に文科省が果たすべき役割の重要性を強調した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。