カミングアウトした教員のリアルとLGBTに向きあうヒント

「私は当事者として、教員として、これから何ができるだろうか――」。2016年3月、世間にこんな言葉を投げかけ、ひとりの教員がLGBTの当事者であることをカミングアウトした。

注目されつつある、学校現場におけるLGBT。目に見えない性自認の違和感を抱えた児童生徒たちに、教員として、ひとりの大人として、どう向き合うべきなのか。当事者であり、教育者でもある鈴木茂義さんにヒントを聞いた。


退職してカミングアウトを

児童からの愛称は「シゲせんせー」――。それまで正規の教員として勤めていた学校を退職した後に、自らが同性愛者だと公に告白した。ちょうど教員になって14年が経過していた。いまは非常勤の教員として、都内の公立小学校と特別支援学級で教壇に立つ。さらにLGBT教育のパイオニアとして、全国の学校や教委を飛び回る毎日だ。

「『結婚は?』『恋人は?』――、学校にいると季節のあいさつのように皆に聞かれました」

同性愛者だとカミングアウトする以前の教員時代。……