何もない地方の限りない可能性(上)学校と地域の共通ビジョンを作る

少子化による人口減少と都市部への人口流入によって、地方はどんどん衰退に向かっている。特に交通の不便な離島や中間山地域では、地域から子供がいなくなり、学校の統廃合問題に直面している所も多い。「このまま高校がなくなれば、島から人がいなくなってしまう」――、そんな危機意識から、学校を核とした地域活性化に乗り出した島根県立隠岐島前高校の取り組みは、日本の地域再生に一つのモデルを提示した。東京から隠岐に移住し、この再生プロジェクトをけん引してきた岩本悠氏(島根県教育庁教育魅力化特命官/地域・教育魅力化プラットフォーム共同代表)に、日本の地域とそこにある高校の未来を聞いた。


■「流学」は1年をかけた「総合学習」
――学生時代に世界中を旅して、その経験を『流学日記』として出版されました。なぜ世界を巡ろうと思ったのですか。

僕が子供の頃は、学校でこの先どう生きるかを考える機会がありませんでした。教室の中で教師と教科書から学ぶのが中心で、学びへの強い欲求や動機があるわけでもなく、何となく大学に入って遊びに走るという典型的な学生生活を送っていました。そんな中、このまま目的意識もなく就活して、受かった会社に入って本当に幸せな人生なのだろうか、自分の世界をもっと広げたい、自分がどうありたいのかをちゃんと考えたいと思い、休学して旅に出ました。

僕にとって「流学」は1年をかけた「総合的な学習の時間」だったんです。自分の興味関心に基づいて目標や課題を設定し、それに向かって考え、行動して、体験して、それを振り返って。時間割がない毎日の中で、「主体的な学び」をさまざまな地域で体験させてもらいました。

そうして日本に戻ってきたら、以前とは全くモチベーションが変わっていた。……