詳報 児童生徒の学習評価 論点整理案

12月3日の中教審初等中等教育分科会などの合同会議で出された「児童生徒の学習評価の在り方について」の論点整理案では、小・中・高・特別支援学校の、新学習指導要領における学習評価の方向性を示した。論点整理案では、児童生徒の学習改善だけでなく、学習評価をカリキュラム・マネジメントの中核に位置付け、指導や組織運営体制の改善にも活用するよう求めている。

◇ ◇ ◇



■観点別評価の3観点

観点別評価については、新学習指導要領で示された資質・能力の三つの柱である▽知識及び技能▽思考力、判断力、表現力等▽学びに向かう力、人間性等――に基づき、▽知識・技能▽思考・判断・表現▽主体的に学習に取り組む態度――の3観点について、現行と同様にA・B・Cの3段階で表す。

「知識・技能」の評価については各教科の学習過程の中で、個別の知識・技能の習得状況について評価するとともに、それらを既有の知識・技能と関連付けたり活用したりする中で、他の学習や生活場面で活用できる程度に概念を理解したり、技能を習得したりできているかを評価する。ペーパーテストによる評価では、知識の習得を問う問題と、知識の概念的な理解を問う問題とのバランスに配慮する。授業では、児童生徒が文章で説明したり、教科の特質に応じて観察・実験したり、式やグラフで表現したりする場面を設けるなど、多様な方法を取り入れて評価する。

「思考・判断・表現」では、各教科の知識・技能を活用して課題を解決するために、必要な思考力、判断力、表現力を身に付けているかを評価する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。