詳報 文化部ガイドライン案

12月5日に文化庁の作成検討会議で示された「文化部ガイドライン」は、今年3月に策定されたスポーツ庁の「運動部ガイドライン」と対をなし、全国の中学校、高校の部活動改革を促す。活動時間は運動部ガイドラインと合わせて週当たり平日1日、土日1日の2日以上の休養日を設け、活動時間は平日2時間程度、土日3時間程度とした。運動部以上に活動内容や活動時間が多様な文化部で、今後このガイドラインを学校ごとにどのように運用していくのか、地域や学校規模によっては選択肢の限られる文化部をどのように活性化していくかが課題になる。

◇ ◇ ◇



■文化部の特色と課題

正式名称は「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン(案)」で、①適切な運営のための体制整備②合理的で効率的・効果的な活動の推進のための取り組み③適切な休養日の設定④生徒のニーズを踏まえた環境整備⑤学校単位で参加する大会などの見直し――の五つの項目ごとに方針を示した。

冒頭の部活動の意義では、部活動が、異年齢との交流の中で生徒や教員との好ましい人間関係を構築したり、生徒自身が活動を通じて自己肯定感を高めたりするなど、生徒の多様な学びの場や生徒理解の場として教育的な意義が高いとした上で、生徒が自主的・自発的に活動し、適切な休養日や活動時間を設定することの重要性を強調した。特に文化部の課題として、分野や活動目的、生徒のニーズ、指導者・顧問の関わり方、活動頻度、活動時間などが多様であり、本来の活動に加えて、土日に地域の要請で行事や催しに参加したり、運動部の応援をしたりと、休養が取りにくい状況にあると指摘した。

対象範囲については、主に国公私立全ての中学校(義務教育学校後期課程、中等教育学校前期課程、特別支援学校中学部を含む)の文化部とし、高校の文化部にも原則適用する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。