世界の教室から「イスラエル」人材育成の秘密

世界一のイノベーションを生み出す人材育成の秘密

イスラエルという国について、みなさんはどのくらいご存じだろうか。近年では、アメリカのトランプ大統領が、アメリカ大使館をエルサレムに移転したことがニュースになった。ユダヤ人国家として知られ、イスラエル・パレスチナ紛争や三大宗教の聖地を連想する人も多いだろう。

実はイスラエルは、国民1人あたりの起業家数やベンチャーキャピタル投資額が世界一のスタートアップ大国なのである。それを支えるのは、高度な技術力とイノベーション力、そしてその源泉となる優秀な人材だ。

例えば、イスラエルは国民あたりのエンジニア数が世界一。世界のユダヤ人人口は0.2%であるにも関わらず、歴代のノーベル賞受賞者におけるユダヤ人の割合は22%と非常に高い。またアップルやフェイスブック、グーグルなどの名だたるグローバル企業約300社の研究開発拠点はイスラエルにある。

優秀な人材を生み出すイスラエルの秘密は何なのか。今回は、イスラエルの若手人材育成の鍵となる、兵役制度とギャップイヤーのメリットについて紹介する。


イスラエルは「敵国」であるアラブ諸国に囲まれており、また事実上占領しているパレスチナの人々とすぐ隣り合わせで暮らしているため、原則国民全員に兵役の義務がある。高校卒業後、18歳ごろから男性は3年間、女性は2年間、軍に所属する。

兵役というと身体的なトレーニングをイメージする人が多いが、イスラエルの兵役では、技術部隊やサイバー部隊、通訳などとして従事することが多い。また、軍の研究開発機関で技術開発をする人もいる。イスラエルの軍事技術は世界トップレベルと言われており、兵役によって若いうちから世界最先端の技術を扱う事ができるのだ。兵役での業務が、研究開発機関などでの実務に近い経験となり、専門性を身に付けることができる。

また、兵役終了後、長期間のバックパック旅行をする人が多い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。