国際バカロレア日本大使が描く 真のグローバルスキル(中)


AIの進化により、将来的には「言語」の壁が取り払われる可能性も指摘されている昨今、未来を生きる上で必要な「真のグローバルスキル」とはどのようなものなのか。国際バカロレア日本大使として各国の学校教育を見てきた坪谷ニュウェル郁子氏に聞く第2回。今回は、日本の学校教育が抱える課題について掘り下げていく。

■クラスの児童生徒数が異常に多い日本

――前回は「日本の教育の素晴らしさ」を聞きました。逆に課題として感じていることは?

公財政教育支出額が極めて少ないため、1クラスに詰め込まれる児童生徒数が多過ぎることです。教育の質を高めるには、個々の児童生徒の学習到達度に応じた授業を行うことが求められますが、現在の児童生徒数では多過ぎます。1クラスあたりの中学校の平均生徒数は、OECD平均が23.5人であるのに対し、日本は32.7人。これは過疎化地域の学校も含めた平均値ですから、人口密度の高い都市部の生徒数はもっと多いと考えられます。

 1クラスに詰め込まれている子供が多ければ、授業が簡単過ぎて「つまらない」と感じている子と、難し過ぎて「分からない」と感じている子を、先生が同じ授業で対応していかなければなりません。ベネッセ教育総合研究所の調査(小中学生の学びに関する実態調査 2014年度)によると、小学校の授業が「簡単過ぎる」もしくは「難し過ぎる」と感じている児童は、全体の3割近くに上ります。つまり、クラスの3分の1近くは、学ぶことが「面白くない」と感じている可能性があるのです。

■世界が評価する日本の子供の学力

――日本の教育システムを、世界各国はどのように見ていますか?

 私は、国際バカロレア日本大使として国際バカロレア(IB)の普及にも努めていますので、世界各国の教育者に会う機会が数多くあります。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。