世界の教室から 北欧の教育最前線(12)ひとりぼっちのクリスマス


教師の師走

12月のスウェーデンは伝統行事がめじろ押しだ。10日にはノーベル賞の授賞式、13日はルシア祭、25日はクリスマス、そして大みそかと続く。街はイルミネーションに彩られ、デパートではクリスマスセールがピークを迎えている。そして、「師走」はスウェーデンの教師にもやってくる。
ノーベル・ウイーク

スウェーデンの教員たちは伝統行事を大切にしている。多くの学校では12月に入ると「ノーベル・ウイーク」のプロジェクト学習に取り組む。受賞対象となった研究や研究者の生い立ちを調べたり、晩さん会の食事やテーブルマナーを学んだりする。学年が上がると、ノーベル賞の社会的機能や国際政治との関係、アルフレッド・ノーベルの遺言と近年の課題について分析することもある。

授賞式当日の10日になると、学校のカフェテリアでは晩さん会を模した特別な食事が出され、ステージでは優秀なプロジェクトが表彰される。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。