過労自殺は『自ら選んだ死』ではない 教頭に起きた悲劇(下)

教育に情熱を注ぎ、精力的に校務に取り組んでいた男性教頭(53)が2018年3月、勤務校の敷地内で自ら命を絶った。教頭の遺族は極度の長時間労働と上司によるパワーハラスメントが原因だとして、教頭が勤務していた大阪緑涼高校(大阪府藤井寺市)を運営する谷岡学園に計約1億2千万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。何が男性教頭を職場での自死へ追い詰めたのか。




■「ひどい嫌がらせ、いじめ」

同校では18年4月、「男女共学化」「調理製菓科新設」という二つの変革を実施することとなっていた。学園は18年2月、新体制に向けて校長・副校長を他校へ異動させ、新校長・教頭補佐を新たに就任させると内示。新体制への準備は教頭が1人で担わざるを得なくなり、3月の残業時間は215時間41分にまで上った。

さらに同校特有の状況として、18年度からの就任を予定している新校長が内示直後から実質的に指示に当たること、そして、事務局長が学校運営について実力を有していることなどがあった。

校長・副校長の異動が決まっている中、唯一残る教頭は、新体制に向けた実務の中心として、あまりにも膨大な業務を課せられた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。