詳報 特別支援学校高等部 学習指導要領案

 12月21日に文科省が公表した特別支援学校高等部の新学習指導要領案は、既に告示された小・中・高校などの新学習指導要領の流れをくみ、社会に開かれた教育課程の実現、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善、各学校におけるカリキュラム・マネジメントの確立など、初等中等教育全体の改善・充実の方向性を重視する。その上で、障害のある児童生徒一人一人に合った学びを実現し、キャリア教育の充実や生涯学習への意欲を高め、生涯を通じてスポーツ・芸術文化活動に親しめるよう配慮することを規定するなど、卒業後の自立と社会参加を意識した指導内容を盛り込んだ。

◇ ◇ ◇
視覚、聴覚、肢体不自由、病弱の各障害

特別支援学校高等部の教育課程は、視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、病弱については、高校の各教科などと「自立活動」で編成される。視覚障害、聴覚障害については独自の専門教科がある。

障害の特性などに応じた指導上の配慮事項については、視覚障害では①的確な概念の形成と言葉の活用②点字などの読み書きの指導③指導内容の精選④各種の補助具や教材、コンピューターなどの活用⑤見通しを持った学習活動の展開⑥高校などを卒業した生徒に対する社会経験を踏まえた指導内容――を盛り込んだ。空間や時間の概念を活用し、場の状況や活動過程を把握する活動を重視する。

聴覚障害では①言語概念の形成と思考力の育成②読書に親しみ書いて表現する態度の育成③言葉などによる意思の相互伝達④保有する聴覚の活用⑤指導内容の精選⑥教材・教具やコンピューターなどの活用――を挙げた。……