世界の教室から「南アフリカ」 アパルトヘイトの傷


基礎教育制度におけるアパルトヘイトの傷

南アフリカ。アフリカ大陸の最南端に位置する国で、過去に白人と有色人種とを差別する人種隔離制度であるアパルトヘイトがあったことで有名だ。2018年は、アパルトヘイトに対する抵抗の象徴であり、南アフリカ初の黒人大統領となったネルソン・マンデラの生誕100周年。アパルトヘイトが崩壊してから四半世紀がたつ今、南アフリカの基礎教育制度はどのようになっているのだろうか。

アパルトヘイト下の南アフリカでは、黒人向けの基礎教育として「バンツー教育(Bantu Education)」が導入された。原住民(黒人)には母語での独自教育を導入するという、一見では民族自治を推奨するような制度である。しかし実際は、白人中心の中央政府が全てを管理したため、黒人向けのカリキュラムから学術的な内容は排除され、園芸などの実務的な授業のみ実施された。

英語での教育禁止は、黒人が英語によって行われる大学などの高等教育を享受することを阻害する結果となった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。