プレテスト2018 マーク式問題の結果分析

大学入試センターが12月27日に公表した、大学入学共通テストの実施に向けた2018年度試行調査(プレテスト)のマーク式問題に関する分析結果では、表1に示したように、全19科目のうち14科目で平均正答率が5割程度以上となった一方、数学と理科の一部科目では下回った。科目ごとに解答結果を分析する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。