世界の教室から 北欧の教育最前線(13)宿題ポリシー


学習時間を増やせば成績は上がる。日本の学習時間は長く、成績も優秀だ。一方で、スウェーデンの学校は休みが多く、授業時数も少ない。隣国フィンランドに比べて国際学力調査の成績は振るわないが、生徒の「学習生産性」は世界トップクラスだ。少ない時間で成果を上げる仕組みはどのように説明できるのか、教員の働き方と「宿題ポリシー」から考えてみたい。


■生徒の「学習生産性」は世界トップクラス

OECD(経済協力開発機構)が実施する国際学力調査(PISA)では、学校外学習の時間が短い国は科学の成績が良いことが明らかになった。スウェーデンも学校外学習の時間が短い国の一つで、さらに総学習時間に対する点数が高いという特徴がある。

日本の小・中学校では年間200日程度にわたって授業が行われているが、スウェーデンの授業日数は年間190日と定められている。この190日には12日以上の休日と5日以内の職員研修日(子供はお休み)が含まれているいるため、子供たちが実際に通学する日数はさらに少ない。学校教育法には「1日の就学時間は最大8時間、ただし就学前学級(0年生)と1-2年生は6時間まで」と定められている。これは、学校が長時間拘束することは、子供の健全な発達によくないという考えが反映されている。
■教員の働き方

少ない授業日数は教員給与の構造からも説明できる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。