ノーベル賞受賞者が見る教育の未来 野依博士に聞く(2)

「入学試験の弊害がものすごく大きい。入試にある科目しか勉強しないのは大問題だ」――。ノーベル化学賞を2001年に受賞し、現在は科学技術振興機構の研究開発戦略センター長を務める野依良治博士は、日本の教育の問題点を指摘する。(聞き手・教育新聞編集部長 小木曽浩介)




入学試験の大弊害

――何がひずみを生んでいるのでしょう。そして、教育界はどうするべきなのでしょう。

わが国の教育界は、個々の若者に新たな社会環境を生き抜く力を与えるとともに、国全体の知的資質と資産の最大化に努めるべきです。あらゆる分野で人材不足で、特に均質性が気になる。私は、入学試験の弊害がものすごく大きいと思います。若年層の創造性と感性を損なう非生産的な過当競争は絶対に避けるべきだが、一方、現状を利する守旧派勢力は大きい。教育を取り巻く全てのセクターが世界の変化を直視し、近未来を担う若者を育てるべきだ。

まず入試にある科目しか勉強しないことは大問題だ。学力は合否判定の軸である。しかし筆記試験の成績が、神のご託宣のように思われているが、その「信仰」の根拠は何か。この「神」は一人一人の獲得点数を一点刻みで正確に知っているが、人物の内容については何一つ理解していません。

入学者の選抜においては、子供、青年たちが、この学校・大学に入ってどのくらい成長するかという観点で、総合的に判断すべきだと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。