稀代の教育長3人が語る2030年の学校(下)



東京都杉並区の井出隆安教育長、埼玉県戸田市の戸ヶ﨑勤教育長、長野県飯田市の代田昭久教育長が、「公教育のしがらみを越えた改革」をテーマに行った鼎談(ていだん)の最終回。稀代の教育長3人が見据える2030年の学校は、どのような姿・形をしているのか。そして、未来を見据えて取り組んでいくべきこととは何か――。




PBL型の授業が必要になってくる

司会 未来の学校づくりに向けて、次に何を見据え、どんな取り組みを展開していくのか。

戸ヶ﨑 未来社会を考えたとき、脱正解主義を目指し、無から有をつくり出す“PBL型の授業”が公立小・中学校でも必要ではないかと考えている。

戸田市ではPBL型授業を実施する米国の学校(High Tech High校)に校長や指導主事を派遣したり、先日は私自身も香港のIB校に行き、PBL型授業を見てきたりした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。