世界の教室から「ルワンダ」 IT立国を目指すデジタル教育

「アフリカの教育事情」と聞いて、どのようなイメージが思い浮かぶだろうか。サファリで動物たちに囲まれての自然教室?サハラ砂漠のオアシス教室?いろいろな光景を思い浮かべる方がいると思うが、今回はアフリカ大陸のほぼ真ん中にある、ルワンダ共和国のデジタル教育事情を紹介したい。




■IT立国を目指すルワンダ

民族紛争により国民の約2割が虐殺された1994年の悲劇を乗り越え、ルワンダは近年「アフリカの奇跡」と呼ばれる経済成長を遂げている。天然資源に乏しく、国土面積も狭い(四国の1.5倍)という厳しい状況下で、ルワンダは「IT立国」を掲げた国づくりを進めている。5000キロにも及ぶ光ファイバー網の整備や、「ビジネスしやすい国ランキング(世界銀行)」でアフリカ第2位に輝くなど、IT企業を中心としたスタートアップ支援で、IT立国への道を着実に歩んでいる。

そのルワンダでは、教育へのIT活用にも積極的に取り組んでいる。写真で子供が持っているノートPCを、見たことがある方もいるのではないだろうか?

これは、One Laptop Per Child(以降「OLPC」)という、マサチューセッツ工科大学のニコラス・ネグロポンテ教授が主導して、05年に立ち上げられたNPOが提供しているノートPCだ。開発途上国の教育ツールとして約100米ドルで販売されたもので、当時としては画期的な低価格のPCであり、多くの大手IT企業が趣旨に賛同し、支援を行ってきた。

運営は非営利で行われ、各国の政府と協力して配布・利用がされており、ルワンダでは18年時点で500校以上に28万台が配布されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。