小学校英語 現場教員の負担を減らしたい(下)


小学校での英語教育改革を目前に控え、現場教員の負担を少しでも軽減したいと、新たな取り組みを推進する市教委担当者や大学研究者がいる。彼らはどのような視点に着目して負担軽減を進めようとしているのか。今回は10年以上にわたって公立小教員に指導してきた佐藤久美子・玉川大学大学院名誉教授/特任教授に、考えすぎずに英語教育を楽しむコツを聞いた。


児童はたくさん英語をしゃべる先生を自慢に思う

――小学校教員が英語授業に対して抱えている大きな悩みとして、授業を進めたり活動を促したりするために使う、「Take your seats」「Face each other」などの、いわゆる「教室英語」が挙げられます。

教室英語のような、ちょっとした英語に困っている先生方は非常に多いです。苦手意識を払拭(ふっしょく)するためには、確実に覚えた教室英語を多用するようにしましょう。繰り返し使うことで児童も聞き取れるし、覚えられます。

授業もオールイングリッシュにこだわらず、日本語の量を減らすことを目標に。「Hello!」「Sit down」など簡単な英語で良いので、1分間に一つ英語を使う発想でやりましょう。「それならできるかも」と思いませんか?
――「自分の発音に自信がない」「こんな発音で教えていいのか?」という悩みもあるようです。

私は東京都町田市内の小学校で10年以上指導していますが、先生方には「児童は先生の発音はまねしません」と言っています。児童はALTや、CD、DVDなどの教材の発音をまねしますから、安心してください。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。