世界の教室から 北欧の教育最前線(14)体育の授業増で学力向上?


打ち上げ花火が町中に広がってスウェーデンの新年は始まる。まだ冬は続くが、学校では「春」学期が始まった。2019年は、基礎学校(日本の小・中学校段階に相当)で数学と体育・保健の授業時数が増加し、代わりに個人選択の時間が減る。




3年くくりの授業時数

基礎学校では教科ごとに、3年単位で最低時間数が示されている。例えば国語(スウェーデン語)は、1~3年生で680時間、4~6年生で520時間、7~9年生で290時間だ。このくくりは昨年秋に導入されたもので、以前は基礎学校9年間分の合計時間数のみが定められていた。

さらにその前は日本と同じく、各教科、各学年の標準時間数が定められていたのだが、1980年代以降の規制緩和の中で合計時間数のみの規定になった。規制緩和の際に、教育についても目標と評価を全国共通にした上で、教育実践の方法や内容に関しては現場の裁量を増やすことが目指されたのである。現在では、学校設置者が学校監督庁に申請すれば、授業時数の規制も免除される。

近年は、教育の質と平等を保つために、一時よりも教育に関する規制が強まっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。