地域単位の総合文化部 掛川未来創造部「palette」

少子化で学校規模が縮小すると、多くの学校が現状の部活動を維持できなくなる。特に文化部は厳しく、すでに地方の学校では生徒の選択肢が吹奏楽部と美術部だけというところも珍しくない。そんな中、静岡県掛川市では2018年度から市内の全中学生を対象に、音楽、演劇、放送を融合した合同部活動として「掛川未来創造部 palette(パレット)」を創部。今年4月には初めての後輩を迎え入れる予定で、持続可能な文化部の実現に向けて次のステップに進もうとしている。中学生が主体となった文化部の活動を通じ、地域活性化も図ろうとする掛川市の取り組みを取材した。

■学校の部活動とは一線を画す

未来創造部の活動は週に3回、一般的な学校の部活動とは異なり、午後5時半から始まる。現在の部員は10人ほどで、全員が「1期生」の中学1年生だ。中には、学校の部活動の練習に参加した後に合流する部員もいる。

未来創造部で実施しているプログラムは、吹奏楽を除く音楽、演劇、放送の三つ。いずれも市内の中学校にはない活動ばかりだ。どのプログラムも、指導をするのはプロの歌手や演奏家、俳優、朗読家などだが、費用は一部の教材費を除いて無料。土日にはプロの演奏会を聞きに行くなどの移動教室も数多く設定されるなど、充実した活動内容となっている。

■地域を明るくする部活動に

取材に訪れた日は、来年度の新入部員募集に向け、未来創造部の活動を紹介する動画づくりのための練習が進められていた。……