世界の教室から 北欧の教育最前線(15)極夜の国の登下校


学校送迎

スウェーデンでは1~2月は学校選択の時期だ。自治体によっては、8月から就学前学級(小学1年生になる前に通う1年間の課程で、2018年に義務化された)に進学する子供や、別の学校に移る児童生徒の保護者が希望校を選択できる。ウプサラ市では、該当する保護者あてにはがきが届き、街には学校選択をリマインドするポスターが現れ、役所には臨時のサポート窓口ができた。

小さな集落や、牧草地や森の中に点在する家も多いスウェーデンでは、学校選択の際に登下校が課題になる。学校法で保障されているため、公立の小・中学校に通う場合は、登下校の距離や交通状況、児童生徒の障害などに応じて学校送迎が無料で提供されている。バスや電車の定期券が支給されたり、子供マークを掲げたスクールバスやスクールタクシーが出されたりする。

学校送迎が行われる条件は自治体ごとに異なるものの、多くの自治体では家と学校間の距離を基準にしている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。