真のグローバルリーダーを育てる 日野田直彦氏の挑戦(上)

偏差値50、地域4番手の公立高校が、わずか4年で海外トップ大学へ多数の進学者を出す進学校に――。大阪府立箕面高校の奇跡的な躍進を導いたのが、同校の前校長である日野田直彦氏だ。多くの学校や教員が、英語教育やグローバル教育のあり方に真の答えを見いだせない中、同校の生徒たちはどのようにして世界へ目を向けるようになっていったのか。第1回は、真のグローバル教育に必要な視点と、世界が求めるグローバルな人材像について聞いた。全3回。


■英語力が問題なのではない
――前任の大阪府立箕面高校では校長着任4年目の2017年度に、米難関校のウェズリアン大学や豪州のトップ大学群(Group of 8)、世界で最も入学が難しいと言われるミネルバ大学(一条校として初)など、海外大学に36人の合格者を出しました。躍進を実現した改革とは、どのようなものだったのでしょうか。

私が着任した14年当初、箕面高校は塾の模試で偏差値50前後、地域4番手の公立高校でした。国際教養科(当時)はありましたが、海外大学進学者はゼロという状況です。着任早々、大阪府が実施する「骨太の英語力養成事業」の指定校になったこともあり、「TOEFLで成果を実証しましょう」「海外進学に耐えうる力をつけましょう」「教育課程表を変更しましょう」など、現実化が極めて難しい施策が示されました。今から5年前の日本社会の現状を考えると、とても進んだ施策でした。

まず私は「マインドセット」、つまり考え方を変えることから始めました。日本にはいまだに「グローバル=英語が話せること」という考え方が根強くありますが、個人的に英語力はさほど重要視していません。それよりも「マインドセット」を変えて、思考方法や多様性を認める力をつけることが大切です。そして「そもそもあなたは世界にどのように関わり、どのように貢献したいのか?」という問いに自分なりの回答を見つけ、必要な資質をつけることが大事だと思います。

日本では中学、高校と6年間も英語を習っても「話す」ことができません。……