学生が考える部活動改革 教員志望者の本音と不安



今、部活動の在り方が大きく変わろうとしている。部活動の活動時間などを定めた部活動ガイドラインの策定や学校における働き方改革など、一連の動きを教員志望の大学生はどう捉えているのだろうか。日本部活動学会会長であり、文化庁の文化部活動ガイドライン作成検討会議の座長を務めた長沼豊学習院大学教授は今年度、同学の教職課程の選択科目として「部活動指導論」を全6回で開講した。全国的にも珍しい部活動をテーマにした授業に参加した教員志望者に、部活動に対する「本音」と「不安」を聞いた。




部活動をテーマに白熱議論

「部活動指導論」は長沼教授の著書『部活動の不思議を語り合おう』(ひつじ書房刊)をテキストに、学生が部活動の意義や問題点を議論する演習形式の授業で、さまざまな学部から教員志望者約10人が受講。4回目の授業では▽部活動の意義▽部活動の問題点▽部活動指導の在り方――の3テーマに分かれ、グループで討議。成果を模造紙にまとめて発表し、さらに全体で議論した。

「部活動の意義」グループは生徒、教員、保護者、外部の立場から、部活動の肯定的な側面についてキーワードを列挙。「部活動を通じて教師と生徒のつながりができ、家庭でも応援などで子供を見るようになる」「教員にとっても生徒の成長を実感でき、やりがいになる」「部活動がスポーツの競技人口を増やしている側面もある」といった主張に対し、発表を聞いていた学生からは「やりがいがあるのは良いが、過熱するのは良くない」と反論があった。

「部活動の問題点」グループは、主に自主性と活動費の問題をクローズアップした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。