真のグローバルリーダーを育てる 日野田直彦氏の挑戦(中)



日野田直彦氏による大阪府立箕面高校の学校改革は、「海外トップ大学の進学者を多数出す」という結果を目指していたわけではない。大躍進とも言える結果が出る過程で、生徒に身に付けさせたかった資質・能力、教員に求めていた意識とはどのようなものだったのか。第2回は、さまざまな取り組みや働きかけを通じ、生徒や教員が自発的に動きだしたというボトムアップ型の改革手法に迫る。


日本初MITと提携した短期留学

――箕面高校では、教育関連のベンチャー企業と連携し、ボストンMITアントレプレナーシップ留学や、海外トップ大学の学生を招いての冬季キャンプを行うなど、公立高校としては例を見ない取り組みも数多く行われています。

 私は、多くの学校が実施している海外ホームステイ型の短期留学に、あまり意味を感じていません。「英語を学ぶ」ことよりも、「英語で学ぶ」ことの方が大事だからです。そこで、教員らと話し合いを重ね、短期留学のアイデアを出し合いました。そして、校長就任2年目の2015年夏、教育関連のベンチャー企業タクトピアとMITアントレプレナーシップ・センターの協力を得て、「ボストンMITアントレプレナーシップ留学」が実現したのです。

 この短期留学で生徒たちは、教育用の3Dプリンターを無償で配布するなど、革命的な実証実験を行っている企業のCEOや、レゴマインドストームの開発者メンバーなど、世界的な起業家たちから驚異的な話を聞き、質問を重ねました。さらに自分たち自身もプレゼンを繰り返し、何度もフィードバックしてもらう経験を重ねました。生徒たちは時には泣きながらプレゼンの内容を考え、ハードな日々の中でも充実した2週間を過ごせたと思います。チャレンジし続けることで、世界は変えていけるということを、身をもって体験できたのではないでしょうか。

 また、16年1月からはハーバード大学やロンドン大学などの学生を学校に招き、3日間の「イングリッシュキャンプ」も始めました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。