真のグローバルリーダーを育てる 日野田直彦氏の挑戦(下)

 管理職になりたがらない教員が多い中、大阪府の校長民間公募を通じて36歳で校長となった日野田直彦氏。大阪府立箕面高校で数々の実績を残した後、その手腕を買われ、2018年度からは私学の武蔵野女子学院中学校・高等学校で校長を務めている。最終回は、今後の学校教育を担っていく若手教員に必要なスキル、グローバルな未来を見据えて取り組んでいることについて聞いた。

■当たり前をやめれば、働き方改革もできる

――2014年当時、最年少の36歳で民間人校長に挑戦された理由を聞かせてください。

日本では現在、50歳以上の教員の数が圧倒的に多くなっています。そのため、今後10年以内には30代、40代の教員が、管理職を担う時代が来るでしょう。私は若手がどんどん管理職をやればいいと思っていますし、やるべきだと思ってきました。

しかし、現実に30代で校長になる人は、ほとんどいません。「校長をやってみたらどうだ?」という周囲からの提案もあり、ならばまずは自分自身が、塾での管理職経験や私立高校の立ち上げに携わった経験も生かしてチャレンジしてみようと、手を挙げた次第です。
――管理職になりたがらない教員が多い現状を変えていくには、どうすればよいでしょうか。

管理職になりたくない理由は何なのか。「大変そう」「楽しくなさそう」といったところだと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。