対談 給特法と教師の仕事 現職教師からの問題提起(中)


中部地方の公立高校教師で、給特法の見直しを求めて署名活動を展開した斉藤ひでみ氏(仮名)と埼玉県の公立小学校教師で、時間外労働の残業代の支払いを県に求め、裁判を起こした田中まさお氏(仮名)による、学校の働き方改革を巡る対談。第2回では、給特法に対して異なるスタンスを取る両氏の議論から学校の働き方改革の法的問題を掘り下げる。



問題は給特法ではない

――学校現場では、国の働き方改革の方針がほとんど伝わっていない状況があるようです。

田中 2018年2月9日に、文科事務次官名で出された「学校における働き方改革に関する緊急対策の策定並びに学校における業務改善及び勤務時間管理等に係る取組の徹底について」の通知が、1年たつ今になっても現場に来ません。話題にもなりません。ですから浸透するわけがありません。私は権力反対ですが、もし校長として労働時間の上限を守らせなければならないとするならば、校長としてリーダーシップを発揮します。

斉藤 もしも持ち帰って仕事をする先生が出たら、どうするのですか。

田中 隠れて仕事をするのは自由ですが、表向きは全部なくします。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。