対談 給特法と教師の仕事 現職教師からの問題提起(下)

教師の仕事の本質とは何か――。中部地方の公立高校教師で、給特法の見直しを求めて署名活動を展開した斉藤ひでみ氏(仮名)と、埼玉県の公立小学校教師で、時間外労働の残業代の支払いを県に求め、裁判を起こした田中まさお氏(仮名)による対談。第3回では、現実の矛盾に対して立ち上がった二人の現職教員が、教育への思いを語り合う。


勤務時間内は「正規」、勤務時間外は「自主的」の矛盾

――実質的に命令している以上、それは「正規の業務」で、残業代が発生するものだというのが田中先生の主張ですね。給特法でも残業代が出る可能性はあると。

田中 問題は今やっている業務が、教師の「自主的な業務」となるかどうかです。

斉藤 現状は、勤務時間内であれば全て仕事で、勤務時間外であれば超勤4項目を除いて「自主的な業務」とみなされているわけです。

田中 ちょっと待ってください。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。