「学校再建・飛躍のプロ」 長野雅弘校長の組織づくり(上)

 幾つもの中学・高校の再建に成功し、「学校再建・飛躍のプロ」として知られる長野雅弘校長。学校のみならず企業からも「長野校長のノウハウを知りたい」とアドバイスを求められ、企業数社の業績回復に貢献した実績がある。2018年度からは、東京都市大学付属中学校・高等学校の校長と同大教授を兼任する。赴任した1年目ですでに受験者数は130%にまでアップ、在校生の模試の成績も大きく伸びたという。長野校長が大事にするのは、人の「良いところ探し」。教育と人材育成のいずれにも実績のある長野校長に、組織づくりや学校再建の極意を聞いた。全3回。


■「失敗した」と悩む教員にエール
――著書で、組織運営では属する人の「心のロウソク」に火をつけることが大事だと強調されています。日々の教育活動の中で、教員の「心のロウソク」が消えたと感じる瞬間はありますか?

私は、教員の「心のロウソク」はそう簡単には消えないと思っています。子供と共有する時間や、子供たちの成長を自分の幸せと感じているからです。だから管理職になって授業が減ると、不満に思ったりします。

――それでも子供や保護者との関わりの中で、うまくいかないことが重なると、教員の「心のロウソク」が消えかかるかもしれません。どのような対応をしていますか?

「ポジティブ・フィードバック」という考え方をすすめます。どういうものか、生徒に対して行う場合を例に説明しましょう。

ある生徒の点数が70点だったとします。なぜ70点なのか、残り30点をなぜ取れなかったのか。原因を分析して対策を採るのも一つの方法ですし、間違ってはいないと思います。

一方、「ポジティブ・フィードバック」では、「70点も取れた」と捉えます。……