教員の芽を育てる やりがいと楽しさを伝えて(中)

全国の小・中学校で教員不足が広がり、一部自治体では年度当初に授業ができないなどの事態も発生している。背景には、教員志望者の減少に伴う臨時的任用教員(臨任)の不足などがあり、解決の糸口は見えづらい。そんな中、各地の小・中・高校や大学、教育委員会では、教員志望者を増やそうと懸命の取り組みも行われている。教員志望者と学校教育現場をつなぎ、仕事のやりがいや意義に気付かせる千葉大学の取り組みを取材した。




全国の中でも、千葉県の教員不足は深刻だ。千葉県教委によると、2018年5月1日時点で未配置となっていた教員数は105人(千葉市を除く)に上る。県教委では、1講師登録可能な年齢を65歳まで引き上げるなどの対策を講じてはいるが、抜本的な状況改善には至っていない。

そうした中で注目されるのは、県に多くの教員を輩出する千葉大学教育学部の取り組みだ。「理論と実践の往還型教育実習」という同学独自のプログラムで、教員志望の学生が学内で理論を学びながら、並行する形で現場を体験するなどして、教職のやりがいや楽しさを実感している。
実習を1週+3週の分割形に

「理論と実践の往還型教育実習」は、同学の中学校教員養成課程で15年度から行われている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。