グローバル・ティーチャー賞トップ10 正頭教諭に聞く

世界各国の教育関係者らが集まり、毎年開かれる教育の祭典「Global Education & Skills Forum」。今年も3月23、24日にアラブ首長国連邦のドバイで開かれ、最終ステージでは、教育界のノーベル賞ともいわれる「グローバル・ティーチャー賞2019」が発表される。同賞のトップ10には、日本人ではただ1人、立命館小学校(京都府)の正頭(しょうとう)英和教諭(36)が選出されている。

同賞は英国の非営利教育団体「バーキー財団」が、2014年に創設。教育分野で優れた功績のあった教員を表彰する賞で、優勝賞金は100万ドル(約1億1千万円)。今回は世界150カ国、3万件以上のエントリーがあり、同教諭はその中からトップ10に選ばれた。正頭教諭のユニークな指導法や教育に対する課題意識などが評価されたもので、日本人では3人目、小学校教諭としては国内初のノミネートだ。


国際的な賞でトップ10に

18年にトップ50に選ばれた滋賀県立米原高校の堀尾美央教諭と、「マイクロソフト認定教育イノベーター」としての活動を通じて知り合い、同賞への応募を勧められたという正頭教諭。「トップ50に入ったときにはうれしいと感じたが、トップ10に入れるとは思わず、ただただ驚いた」と話す。

正頭教諭が17年度から着手したのは、英語の授業にゲームのマインクラフトを取り入れたPBL(Problem Based Learning)学習。英語教育だけではなく、カリキュラム・マネジメント(カリマネ)やプログラミング教育の観点からも先進的な取り組みで、同校の後藤文男校長は「正頭教諭がもつ『何か新しいものを生み出そう』というエネルギー、いい意味での野心があって初めて成し得たことだ」と評価する。

同校は「真の国際人を育てる」を教育の柱の一つとし、外国語教育にとりわけ強く力を入れている。……