【工藤勇一×日野田直彦】さよなら、学校の前例主義(上)


 前例主義に陥りやすい教育現場において、それらにとらわれることなく、次々と改革を進めてきた東京都千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長と、武蔵野女子学院中学校・高等学校(19年4月より武蔵野大学中学校・高等学校に変更)の日野田直彦校長の対談が実現。さまざまな制約がある中、2人はどのように壁を取り払い、改革を実現してきたのか。第1回は周囲を巻き込むための手法や、前例主義をやめたことで見えてきた教員と子供たちの変化について語ってもらった。全3回。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)


「理由が説明できない仕事」はやめるべき


――常識や前例主義にとらわれて前に進めない学校も多い中、どのような視点で改革を進めたのでしょう。

日野田 「改革」というと、今までやってきたことを全て否定するような印象がありますので、「改革」という言葉を使いません。私は良いところはちゃんと残した上で、よりよくしていくことが大切だと思っています。

ただ、学校にはずっと前からやっている「やっている理由が説明できないような仕事」もあります。その中には、「やらなくてもいい仕事」がたくさんあるのも事実です。

工藤 私も今までのやってきたことの全てを否定しているわけではないし、学校がそうならざるを得なかった理由もあると思っています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。