教員の芽を育てる やりがいと楽しさを伝えて(下)

全国の小・中学校で教員不足が広がる中、教員志望者を増やそうと懸命の取り組みも各地で行われている。その中心は養成を行う大学と採用を行う教育委員会だが、一部の自治体では高校生の段階から教職のやりがいと楽しさを伝えようとする試みも進められている。教員の芽を育てる各地の取り組みを取材した。




■中高7年間をかけて教員を育てる

2月28日、奈良県立平城高校(今西一盛校長)の修了証書授与式が行われ、「教育コース」最後の卒業生、11期生の3年生40人が巣立った。

同校の「教育コース」は2006年4月、全国的に特色ある学校づくりが進む中で、全国で初めて開設された。当時、教員の大量退職が予想されていたことを背景に、新規採用が増えることを見越しての試みであった。現在までに約440人が卒業し、一時は競争倍率が3倍を超える人気コースだったが、県教委は「将来、教員採用数の減少が見込まれる」との理由で、17年度入学者選抜から募集を停止していた。

加えて同校自体も、18年7月に可決された条例で閉校が決まった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。