世界の教室から 北欧の教育最前線(19)「0年生」から始まる義務教育

2018年から、スウェーデンでは義務教育が1年伸びた。7歳から始まる基礎学校の前に、6歳児が1年間通う「就学前クラス」、いわば0年生が義務化されたのだ。プリスクールと小学校をつなぐこの学年には、どんな期待が込められているのだろうか。




遊びの中での学び

学習指導要領によると、就学前クラスの学習内容は主に5領域ある。言語とコミュニケーション、創造性と芸術的表現、数学的思考と表現形式、自然・科学技術・社会、遊び・身体活動・野外活動。各領域に主な内容が設定されており、さまざまな活動の中にそれらが組み込まれている。

例えば、ある就学前クラスでは、毎週木曜日の午前中は1年生と一緒に学校の裏山に小遠足に行く。さまざまな葉を拾って自然に親しみ、野外での遊びを学ぶ。教室に戻ると葉の絵を描き、木の種類を習い、文字で書く。一連の活動を、子供たちは楽しい遊びと認識していたが、異なる領域の多くの学習内容が含まれていることが分かる。

また別の時間には、アルファベットのLを学ぶ際に、Lがつく言葉を集めるだけではなく、身体やおもちゃなどでLの形を作ったり、ライオン(頭文字がL)の絵を描いたりした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。